120915_1
1 :無記無記名:2012/01/09(月) 00:49:06.64 ID:rZ+1WLu0
高校の時は野球部にいてウエイトとかやってたからかなりむきむきだったんだが今はこんなんなってしまった… 

http://beebee2see.appspot.com/i/azuYq-jBBQw.jpg 
※リンク切れ

ある程度きついメニューでもいいから教えてください 
出来れば家でできるメニューで 

後効率のいい食生活も教えてください 

現在177cm 75キロ 

体重はあるから筋肉はつくと思うんだ 
お願いします


9 : 無記無記名 :2012/01/09(月) 01:16:15.28 ID:aI3zejs8
ムキムキだったんならそん位わかんだろ 


18 : 無記無記名 :2012/01/09(月) 09:36:17.21 ID:k7JuW4va
あくまで参考程度に読んでみてください。 

まずは基本的な腕立て伏せやヒンズースクワットで筋肉に軽い刺激を与え活性化させる事をオススメします。 
あと自宅だと難しいかもですができれば懸垂を取り入れてください。 
最初の2~3週間は毎日、腕立て、懸垂、ヒンズーを各限界回数3セット 
毎日が厳しいなら一日置きでOK 
ヒンズースクワットは反動付けると何回でもできてしまうのでなるべくゆっくりやってください。 

筋肉を付けるには十分な回復が必要ですがこの最初の2~3週間はあくまで筋肉の活性化、眠ってる筋繊維を目覚めさせる目的が主です。 
食事ですがその筋肉量ならとりあえず最初らへんは普通の食事で大丈夫です。 
ただし三食しっかり摂りましょう! 
一度に吸収できるたんぱく質の量には限界がありますんで(だいたいですが40g程度と言われてます)どか食いとかはあまり意味がないと覚えておいてください、脂肪も増やしたい場合は食いまくった方がいいですが。 

上記のメニューを実践していただけたら次を書き込みます。 
もちろん他にも良い方法はあると思いますのでじっくり考えてください。 


45 : 無記無記名 :2012/01/11(水) 00:12:19.37 ID:ILvBu+bK
経験者なんだから前のとおりやってればいいと思うがジムに通うことは絶対条件。 
大学生なら大学の体育館のトレーニング室が使えたりするのでよく調べること。 
まずは自宅近くのジムに通えばいい。それで8RMくらいで一部位月 
6~8回トレーニングするだけ。 
銭がないなら公共の体育館のトレーニング室に通う。 


69 : 無記無記名 :2012/02/12(日) 01:54:51.29 ID:XfYuyDED
じゃあ筋肉質体系の俺がアドバイスしてやる 
ダンベル500回 
手をグーパー200回 
腹筋300回 
鉄棒で懸垂50回 
これを毎日、ぜってーマッチョになるよ 
これを続けて5ヶ月になるけどエグザイルみたいな実用的な筋肉になったわ 


85 : 無記無記名 :2012/08/07(火) 02:42:30.90 ID:DVD7oHom
すぐに筋肉つくっていう短期的考えはヤメテ 
時間掛けてつけてくっていう長期的な考えでやるべき短期間は無理だからな 

昔は筋肉ついてるのなら他の人より筋肉つくのは早い、マッスルメモリーのおかげっすね 

で飯は菓子パンとかそういう糖分以外栄養無いものを控えて 
ご飯やらパスタとか食べるようにする 

筋肉つけつつ運動するとビタミンがカナリ必要になるから野菜や玉子を積極的に摂取しよう 
玉子は一日2個は黄身あり あと4個は黄身抜きで白身のみ摂取 

一日4食か5食は食べるようにしよう、太るっていうのは必ず筋肉もつくからな 
ダイエットは結構さくっと痩せるから大丈夫 

家トレなんてマッチョになれる可能性は少ないのでジム通うこと 
理由1・正しい筋トレなんて初めての人ができるわけがないのでトレーナーに教えてもらうため 
理由2・家だとサボりがちになるので自分への戒め 
理由3・大声出して騒音被害をさけるため 

筋トレは最初全身で大丈夫1週間に3回、なれたら上半身下半身、さらになれたら胸・背中・足にわける 

セット数×回数とかそういう考えはやめよう、この考えだと筋肉追い込まなくなる 
例えば ダンベルアームカールが10キロ×10回できるのなら10キロが2~3回しか上がらなくなるぐらい追い込もう 

多分最初はムリだと思うけど慣れてくると大丈夫できるようになる 

鳥のささ身は100gの肉の中で最もタンパク質量が多いが栄養が少ない 
だから悪いという訳じゃないが、鳥も豚も牛も魚も大豆もタンパク質含まれるもの色々摂取しよう 


引用元:http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/muscle/1326037746/
人気筋トレブログはこちらから